★熱中症警戒アラート発表時の公園施設のキャンセル料の取扱いについて(試行)

 環境省及び気象庁より、熱中症予防対策に資する効果的な情報発信として、新たに、令和2年7月1日から同年10月28日までの期間に関東甲信地方の1都8県で「熱中症警戒アラート(試行)」が先行実施されることを受け、熱中症の予防を理由とした有料施設のキャンセル料について、以下のとおり試行実施いたします。
 以下の適用条件に該当する場合は、キャンセル料を徴収しないこととしますので、熱中症の予防を理由として施設の利用をキャンセルする旨を各施設管理者へお申し出ください。

◆適用条件
 神奈川県に対して熱中症警戒アラートが発表された時点(※1)で、環境省の暑さ指数(WBGT)観測地点「横浜」における予測最高暑さ指数が33℃以上であった場合(※2)、または利用日当日にこれに準じる状況(当日の予測最高暑さ指数が33℃以上(※3))となった場合に、熱中症の予防を理由として施設の利用をキャンセルされる場合
(※1)熱中症警戒アラートは、各都県内の暑さ指数予測地点のいずれかにおいて、翌日の日最高暑さ指数を33℃以上と予想した日(前日)の17時頃に「第1号」が発表され、当日5時頃に「第2号」が発表されます。神奈川県内の暑さ指数予測地点は「横浜」、「海老名」、「小田原」、「辻堂」、「三浦」の5か所です。
(※2)熱中症警戒アラートが発表されていても、「横浜」の予測最高暑さ指数が33℃未満であった場合は対象外となります。
(※3)環境省の「環境省熱中症予防情報サイト」の暑さ指数(WBGT)観測地点「横浜」における予測最高暑さ指数を参照してください。

◆適用期間
 令和2年7月30日(木)から同年10月28日(水)まで

◆対象施設
 清水ケ丘公園体育館、各公園野球場、各公園庭球場(テニスコート)、各公園球技場・運動広場等